Kay Bojesen Denmark (カイ・ボイスン デンマーク)は、世界中で愛される木製モンキーの生みの親、カイ・ボイスンはデンマークで最も有名なデザ イナーの一人。彼の死後 30 年余りはその家族が経営していましたが、1991 年に現ローゼン ダール・デザイングループが木製商品の商業権を引き継ぎ、「ローゼンダール社 コペンハー ゲン」として復刻生産を開始、2010 年には「カイ・ボイスン デンマーク」というブランド 名に統一しました。カイ・ボイスンの意志を引き継ぎながら、商品化されていなかったもの や隠れた名デザインを積極的に復刻しています。

また、FSC 認証の木材を使用するなど、環 境に配慮した取り組みも行っています。アイコン的な存在のモンキーは、今や誰もが知る代 表作。「丸みがあり、柔らかく手に持った時の心地良さを大切に」という彼のデザイン哲学の もと、今でもひとつひとつ手作業で丁寧に作られています。

 

▶︎KAY BOJESEN DENMARK プロダクトカタログ

▶︎KAY BOJESEN DENMARK プロダクトカタログ [ NEWS ]

※2018年2月1日より値上げした商品がございます。
詳細はこちらをご確認くだいませ。

 

[ Kay Bojesen(カイ・ボイスン) ]

カイ・ボイスン(1886-1958)は、Georg Jensen (ジョージ・ジェンセン)で修行を積んだ後、1910年に銀細工師としての道を歩み始めました。1920年代に当時のホルムガード社社長のクリスチャン・クラウベルとともに、選りすぐりのデンマークデザインをセレクトして販売する「Den Parmanente (デン・パーマネンテ)」という革新的なデザインショップを創設、現代のデザイン・センターの先駆けともいえる活動を開始しました。

カイ・ボイスンの名が一躍知られるようになったのは、1938年にシルバー用にデザインされたカトラリー。戦時状況下で銀の供給が困難だったことから、当時珍しかったステンレスを用いて制作、1951年のミラノ・トリエンナーレ展に出品したところ、3年連続で最優秀賞受賞という快挙を遂げたのです。それにちなんで、「Grand Prix (グラン・プリ)」と名付けられたこのステンレスカトラリーは、デンマーク王室御用達にも認定されています。

彼の才能は金属だけにとどまらず、1930年代より制作を開始した木製オブジェの数々は、カイ・ボイスンのもう一つの顔となりました。「動物のデザイン上の線 (line) は微笑み (smile) にならなければならない」、「木製の動物は本物の動物の真似であってはならない」などの信条のもと、今やデザインアイコンとなったモンキー (1951年発表) をはじめ、さまざまな動物たちは、デンマークのみならず、世界中の人々に親しまれています。